歯科

このページを印刷

1.年度別外来患者数

 2020年度はコロナ感染症拡大による診療制限などの影響で、例年より延べ患者数は2割程度減少しましたが、例年は年間延べ35,000~40,000人の患者数で推移しています。すなわち、1日当たり約150人程度の患者さんに受診いただいています。

2.2020年度の他科から歯科への検診依頼数ならびに周術期等口腔機能管理件数

 2020年度の当院他科から歯科への検診依頼件数は1339件でした。そのうち、周術期関連(手術前、化学療法、放射線療法)の依頼件数は637件で、残り702件が一般の検診依頼でした。
 最も依頼が多かったのは、造血幹細胞移植など口腔管理が治療成績に大きく影響してくる血液内科、次いで食道がん手術のように口腔機能の低下が予後に影響することが明らかになっている消化器外科、口腔からの感染症がやはり手術後の合併症として致命的になることが多い呼吸器外科などの順になっています。
 抗がん剤治療などの化学療法を専門にしている臨床腫瘍科からの口腔管理依頼、腎センターからのステロイド治療に併用される骨粗しょう症の薬開始前の歯科検診なども徐々に増加してきています。

2.jpg

3.2020年度睡眠時無呼吸症候群に対するマウスピース作製件数

 2020年度に作製した睡眠時無呼吸症用のマウスピースは、保険適用で上下一体型のモノブロックタイプのものが103件、保険適用外のソムノデントが30件、計133件でした。

3.jpg

PAGE TOP