呼吸器センター外科

このページを印刷

1999年~2021年までの23年間に呼吸器センター外科では、9098件の胸部疾患に対する手術を行い、うち8537件(全体の93.8%)3-port胸腔鏡下手術のみで行った手術でした。最近の12年間では、1年間の手術件数と胸腔鏡下手術の割合がさらに増加し、12年間で5679件の胸部疾患に対する手術を行い、うち5576件(全体の98.2%)が胸腔鏡下手術のみで行った手術でした。当科では2008年以降は、1年間に行う約400550件の胸部疾患の総手術のうち、97%以上の胸腔鏡下手術の施行率を継続しております。また、最初から最後まで胸腔鏡下手術のみで行う割合(完遂率)も、最近12年間では99.7%でありました。これらの長い期間での当科での実績により、上記の様々な疾患に対しても胸腔鏡下手術の適応を徐々に拡大し、安全かつ的確に手術を行っておりますので、いつでもご相談して頂けると思います。我々にとって胸腔鏡下手術は一般的で常に行っている手術であり、現在はロボット手術(ダビンチ手術)との共存(ロボット支援下胸腔鏡手術)も、保険適応症例に対しては行っており20223月までに54件施行しております。

2021年1月~12月の1年間での虎の門病院呼吸器センター外科での全身麻酔の手術件数は416件(2020年は400件)と、2019年からのコロナ流行下での影響のある中でも豊富な手術件数を有します。うち3-port3か所の孔のみで行う)胸腔鏡下手術で行った手術は409件(全手術の98.3%)と大半を占め、胸腔鏡下手術の完遂率99.5%でした。また両側肺疾患に対する両側同時一期的胸腔鏡下手術症例24例(9.3%)、ロボット支援下胸腔鏡手術20件(4.8%)でした。疾患別手術件数は、原発性肺癌・肺悪性腫瘍202件、転移性肺腫瘍83件、胸腺腫などの縦隔腫瘍(含:重症筋無力症の手術)45件、膿胸を含む感染症などの炎症性肺疾患40件、気胸・嚢胞性肺疾患30件などと、どの疾患の手術をとっても全国でも有数の症例を有しています。

当科の特徴としては、人間ドックで発見された特に合併疾患のない方の早期の肺癌から、癌の専門病院では十分に診療できない、透析中、心血管疾患治療中、間質性肺炎やぜんそく、肝障害など他の全身疾患治療中などの困難症例の肺癌手術など、さまざまな患者さんの肺癌手術に対応しているという点です。これは97%以上の手術を低侵襲の胸腔鏡下手術で行っているという点と、総合病院の特徴を生かして、専門の他科と良好な連携を取っているからです。また最近では、非常に小さい腫瘍や、多発する両側肺腫瘍に対しても、術中自走式CTを併用することで、前処置やそれに伴う合併症なく、より低侵襲な手術を実現しています。外来初診時から約714日で手術が可能であり、手術後順調に経過すると、肺癌の標準的な治療である肺葉切除術と系統的リンパ節郭清を胸腔鏡下手術で行い術後36日で、縦隔腫瘍手術は術後23日で退院し社会復帰することができます。

現在の当科での上記疾患に対する胸腔鏡下手術の術中・術後創部

胸腔鏡下手術中の術野写真(3か所の創部で3mm細径鉗子等を使用した手術)

術後の創部写真(下部の創はその創より肺や病変を袋に入れ摘出するため病気の大きさ(肺葉切除の場合は2~3.5cm程度)により異なります)

当科でのロボット支援下胸腔鏡下手術の術中写真




虎の門病院 呼吸器センター外科 総手術件数(1999年~)

13.jpg

最近のTOPICS

~より小さい腫瘍や多発する肺腫瘍に対する術中自走式CT(ハイブリット手術室)を併用したより侵襲の少ない胸腔鏡下手術~

検診等の充実や早期発見早期治療により、より小さい腫瘍や多発する肺腫瘍に対する手術が増えてきました。胸腔鏡下手術とは非常に傷が小さく侵襲の少ない良い手術ですが、開胸手術(胸腔内に手を入れて行う手術)に比して、胸腔内の肺や腫瘍を直接触診できない欠点がありました。今までその欠点を補うために切除肺腫瘍の正確な場所把握のための手術前処置として、様々なCT下のマーキング法の併用や、少し傷を大きくし指で触診するなどの対応が行われていました。当院では2019年の新病院始動と共に手術室が一新され、日本ではまだ数の少ない自走式CTを併用したハイブリット手術室が導入されました。C-アームやO-アームのCTより画像解像度がよく、小さい腫瘍でも術中に十分に確認しながら胸腔鏡下手術が行えるようになったため、合併症や時間を伴う手術前の処置が必要なくなり、より傷の小さい低侵襲な胸腔鏡下手術での切除が可能となりました。2019年の新病院開始以降20223月までに虎の門病院呼吸器センター外科では、172症例(含両側疾患)に対して、この自走式CTを併用した安全かつ侵襲の少ない胸腔鏡下手術での正確な切除を皆様に提供することができています。

術中自走式CTを併用したより侵襲の少ない胸腔鏡下手術の術中写真

14.jpg




PAGE TOP