精神科

このページを印刷

2016年度の病棟診療実績は、表の通りです。
本院・分院ともに、躁うつ病とうつ病関連病態の精査・診断、治療を主におこなっています。病名は、うつ病やその関連病態、躁うつ病のほか、統合失調症、適応障害、神経症圏、広汎性発達障害など多彩です。さいきん「新型うつ病」にまつわる言説がよく聞かれますが、「新型うつ病」は医学的な診断として確立されたものではありません。実際に、従来からの「うつ病」は減っておらず、「新型うつ病」に相応する病態が増えているわけでもありません。

2016年度診療実績表

疾患名 人数(%)
合計 71(99.6%)
疾患名 人数(%)
認知症 3(4.2%)
せん妄 1(1.4%)
てんかん 4(5.6%)
器質性精神障害 1(1.4%)
器質性不安障害 1(1.4%)
器質性気分障害 3(4.2%)
急性薬物中毒 1(1.4%)
薬物依存 1(1.4%)
統合失調症 3(4.2%)
妄想性障害 3(4.2%)
非定型精神病 1(1.4%)
躁うつ病 5(7.0%)
うつ病 13(18.3%)
強迫性障害 1(1.4%)
適応障害 3(4.2%)
身体表現性障害 11(15.5%)
心気障害 3(4.2%)
摂食障害 4(5.6%)
パーソナリティ障害 1(1.4%)
精神遅滞 2(2.8%)
広汎性発達障害 1(1.4%)
多動性障害 4(5.6%)
遷延性抑うつ反応 1(1.4%)
PAGE TOP