脳神経内科

このページを印刷

昨年度の本院入院患者数は350名、うち166例は急性期脳血管障害でした。脳血管障害以外には変性疾患28例、神経筋疾患46例のほか、多発性硬化症、脳炎・髄膜炎、てんかん性疾患等も多く神経疾患全般に幅広く対応しています。脳血管障害は本院では超急性期から急性期の診療に力を入れています。回復期は分院や他の回復期リハビリテーション施設と連携し、病期と病状に応じた適切な医療施設での医療をうけられるようこころがけています。

関連リンク

PAGE TOP