感染制御部

このページを印刷

感染対策室

院内の感染対策に関する問題点の把握、改善、教育など、院内全体の感染管理を担う部署です。

特色

患者さん、職員など、虎の門病院に出入りする全ての方の安全を守るため、各職種、部署と連携を取りながら組織横断的に業務を行っています。
安全で安心な治療環境を提供できるように、院内の様々な事に眼を配り、感染予防策を実施しています。

活動内容

院内感染対策マニュアル作成・改定

感染対策のマニュアルを作成し、必要時改定を行っています。

職員への教育

研修会、勉強会

医療法に基づく全職員向けの研修会(年2回)。その他部門や職種別に勉強会を行っています。

病棟ラウンド、抗菌薬ラウンド

週2回、病棟ラウンド・抗菌薬ラウンドをICTメンバーで行っています。報告書を作成し、結果を部署にフィードバックしています。

感染対策啓発活動

感染対策に関する標語・ポスターを募集し、院内に掲示しています。

ICTニュースレター発行

流行している感染症や、職員に周知したい情報などを配信しています。

手指消毒薬使用量調査、手指衛生遵守率測定

各部署の感染対策担当者と協力し行っています。結果は院内にフィードバックしています。

職員の感染対策

ワクチン接種

ワクチンにより予防できる疾患については、ワクチン接種を推奨しています。

針刺し切創、皮膚粘膜暴露の予防、対応

報告書(エピネット)から情報収集を行い予防策を考えます。

患者の感染対策

コンサルテーションアウトブレイク対応

院内感染防止のため、標準予防策、経路別予防策の確認や相談など様々な事例に対応しています。

サーベイランス

薬剤耐性菌サーベイランス

問題となる薬剤耐性菌の検出動向を確認、分析し、必要な対策を講じています。

医療手技・デバイス関連サーベイランス

ハイリスク部門において、SSI・BSIサーベイランスを行っています。

地域連携

感染対策地域連携合同カンファレンス(年4回) 連携施設と行っています。各施設の現状などを共有、評価し合うことで、感染対策の充実を図っています。
感染対策相互ラウンド(感染対策防止加算1の施設と実施)

その他

院内への情報共有

感染対策委員会(月1回)、ICT会議(週1回)、リンクナース会議(年8回)、感染対策担当者会議(年6回)を通じて情報共有しています。

病棟ラウンド

ICT会議

患者さん、そして面会される方へ

ご入院される患者さんへ

  • お食事の前、トイレの後は手洗いをしてください。

ご面会の方へ

  • 当院では院内各所にアルコール手指消毒薬を設置しております。
  • 病院に入るとき、帰るときには、ご利用ください。
  • 感染症の疑われる症状(発熱、咳、下痢、嘔吐など)の症状がある方は、面会をお控えください。
  • 乳幼児(就学前のお子さん)をお連れになることは原則としてお控えください。
  • 生花の持ち込みは、原則としてご遠慮いただいております。

感染対策へのご協力をお願いします。

PAGE TOP