透析に関する
スペシャリストナース

能美 亜紀子透析看護認定看護師

分院は日本で最初の透析病院です。長年の実績とともに透析に関する専門的知識・技術を生かして今後さらに増加する透析患者さんのニーズにこたえます。

透析に関するスペシャリストナース

  • 慢性疾患看護専門看護師

患者さんとスタッフにとって身近な認定看護師でありたい

私が看護師になったのは、「人がその人らしく生きて最期を迎えることを支えたい」という思いからでした。入職2年目に透析室に配属され、病気を持っていてもその人らしく生きていけるようにサポートしたいと考え、日本看護協会透析看護認定看護師の資格を取得しました。

透析をされる患者さんは慢性疾患であり、一生付き合っていかなければならない病気です。そのためその人の人生に寄り添う看護が重要だと考えています。

治療的な側面が強いと言われる透析ですが、患者さんがどのように生きていきたいかを考え、生活面や食事、そして終末期に至るまで支え続けることが透析看護だと思っています。当院はこの考えが職種を超えてしっかりと根付いており、患者中心の医療をどこよりも考えている当院の伝統だと思っています。

私が常に気をつけているのは、絶対に驕らないこと。初心を忘れず、ときどき“私はなんで看護をやっていたのだっけ?”と振り返ることも大切にしています。そのことで頭も心も整理されるからです。

現在、認定看護師として執筆や勉強会など外部の活動も行なっていますが、同時に、日々の臨床の中で教科書にはない患者さんから教わることを今後の腎臓病看護の発展につなげていきたいです。

能美 亜紀子

活動の具体例

  • 患者さんへの直接ケアの提供
  • スタッフからの相談
  • 生活習慣に関する患者指導
  • 看護相談外来
  • 腎代替療法の相談
  • 透析関連のマニュアル類の整備
  • 学会活動

その他のスペシャリストナースインタビュー

林田由美子
精神看護専門看護師 林田由美子
丸山 俊一郎
感染症看護専門看護師 丸山 俊一郎