感染対策に関する
スペシャリストナース

丸山 俊一郎感染症看護専門看護師

感染対策は病院全体にとって重要な課題です。看護部のみならず、関連するすべての部門と連携をとりながら、感染対策の実践、教育、コンサルテーション、疫学調査、研究活動等を行っています。

感染対策に関するスペシャリストナース

  • インフェクションコントロールナース
    (感染制御学博士課程修了)
  • 感染症看護専門看護師 
  • 感染管理認定看護師

活動レポート

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、感染対策は社会の共通目標となりました。しかし行動レベルで見てみると、その対策は人によってまちまちではないでしょうか。なぜなら感染症は、病原微生物が目には見えないことや、人から人へ伝播する可能性があるという特徴から、人によって考え方や対応に差が生じやすい疾患だからです。病院や地域社会では、この「差」があることにより、不安や混乱がもたらされることも少なくありません。この「差」を理解し、できるだけ少なくすることが、CNSとしての私の大きな役割の一つと考えています。

そうした過不足のない感染対策―リスクを必要以上に怖れて過剰な対策になったり、リスクを過少に見積り対策が不足したりすることがないようにすること―は、感染拡大を抑止すると同時に、感染症を有する患者さんを守ることにもつながると考えています。感染症を有しているだけで、様々な制限を受けその人の権利が軽んじられてしまうことが残念ながら起こりえます。そうした感染症を有する患者さんの立場にも立ち、その負担や不利益を最小限にできる看護を目指し、臨床での実践と支援を積み重ねていきたいと思います。

丸山 俊一郎

活動の具体例

・病原微生物の検出状況の把握 ・感染経路別予防策の指示 ・各部署からの相談対応 ・アウトブレイク時の対応 ・職員への感染対策及び予防に関する教育 ・委託業者への研修 ・廃棄物、空調など施設設備面のマネジメント ・針刺し切創、皮膚粘膜曝露対策の実施 ・院内感染対策マニュアルの整備と周知 ・感染対策委員会はじめ、様々な関連会議の運営

その他のスペシャリストナースインタビュー

能美 亜紀子
透析看護認定看護師 能美 亜紀子
林田由美子
精神看護専門看護師 林田由美子