医師紹介

このページを印刷

進藤 潤一

肝臓外科の若きリーダー

進藤 潤一SHINDO JUNICHI

消化器外科(肝・胆・膵) 医長
平成16年卒

消化器外科(肝・胆・膵)

メッセージ

標準的な肝胆膵外科治療はもちろん、他院で切除困難とされた進行癌でも、常識で「できる・できない」ではなく、何が最善のアプローチかを患者さんとともに考え「諦めない」外科治療を主義としています。国内外に関わらず広くセカンドオピニオンを受け入れております。

専門・実績

肝癌(肝細胞癌、肝内胆管癌、転移性肝癌)、胆道癌(胆嚢癌、胆管癌)、膵癌の外科治療を専門とし、特に脈管浸潤を伴う進行癌、多発肝転移に対する高難度手術を得意とする。
手術執刀総数1500件。肝切除執刀数 約700件、膵切除執刀数 約200件。
当院の肝癌診療チームの外科部門主任としてチームを率い、特に肝癌、転移性肝癌の年間切除件数、治療成績では本邦トップクラスを誇る。執刀症例の周術期死亡率0.17%。
がんの病期分類を決定する国際組織の肝癌担当チームリーダーを歴任し、数多くの国際共同研究を主宰。特に肝臓外科領域での研究業績では世界をリードする立場にあり、手術手技や診療に関する教育講演を国内外で多数行っている。

認定資格

日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本肝胆膵外科学会評議員・高度技能専門医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医
消化器がん外科治療認定医
麻酔標榜医

所属学会

日本外科学会
日本消化器外科学会
日本肝胆膵外科学会
日本臨床外科学会
日本内視鏡外科学会
日本消化器病学会
日本肝臓学会
肝癌研究会
肝癌治療シミュレーション研究会
American Society of Clinical Oncology (ASCO)
Society for Surgery of the Alimentary Tract (SSAT)
Asian-Pacific Hepato-pancreato-biliary Association (A-PHPBA)
International Hepato-pancreato-biliary Association (IHPBA)

主な経歴

  1. 東京大学医学部医学科卒業

  2. 東京大学医学部附属病院臨床研修医

  3. 焼津市立総合病院臨床研修医

  4. 焼津市立総合病院外科医員

  5. 東京大学医学部肝胆膵外科大学院生

  6. 都立墨東病院外科医員

  7. 米国MD Anderson Cancer Center、Department of Surgical Oncology、Postdoctoral Fellow

  8. 東京大学医学部肝胆膵外科助教

  9. 虎の門病院消化器外科赴任

PAGE TOP