チーム医療

このページを印刷

特色

様々な病気を抱える患者さんにより専門性の高い医療を提供するため、臓器別医療の他に、複数のコメディカルスタッフが連携して治療やケアにあたるチーム医療を推進しています。看護師はチーム医療においてはリーダーシップをとる立場であり、看護管理者、専門看護師や認定看護師が主体となって運営しています。また部署ごとに各種医療チームと部署をつなぐ役割を担うリンクナースを配置することで、専門性の高い看護を公平に提供できるよう体制を整えています。

チーム医療

高齢者ケアチーム・認知症ケアチーム

高齢者の入院患者さんが安全に安心して治療を受けられるよう、高齢者総合診療部の医師やコメディカルと連携し、担当医師や看護師に助言をします。内服調整や環境調整、リハビリによって不要な身体拘束をなくしたり、転倒の予防や廃用性症候群の予防に努めたりしています。高齢者ケアリンクナースを各部署に任命し、老人看護専門看護師と看護管理者が中心となって、看護師に対して高齢者ケアについての教育や相談など取り組んでいます。

感染対策チーム

院内には様々な感染症の患者さんがいらっしゃいます。そのため普段から感染対策に関する問題点の把握、改善、教育などを行う必要があります。外来・病棟の環境チェック、個人防護服の着脱研修、手指衛生の遵守率測定など感染対策室の医師や薬剤師と連携して安全な療養環境を提供できるようにします。また、感染対策リンクナースを各部署に任命し、感染症看護専門看護師と看護管理者が中心となって各部署で感染対策が徹底できるように努めています。

緩和ケアチーム(がんサポートチーム)

入院患者さんの疾患に伴う苦痛を緩和するために、緩和医療科の医師やサポートチームの看護師・コメディカルとともに担当医師や看護師に助言を行います。また、緩和ケアリンクナースを各部署に任命し、苦痛を抱える患者さんに対して速やかに介入できるようにしています。緩和ケア認定看護師が中心となって看護師の緩和に関する教育や看護相談を行っています。

褥瘡予防チーム

入院患者さんを対象に皮膚・排泄ケア認定看護師が中心となって皮膚科の医師やコメディカルとともに病棟ラウンドを行い、褥瘡患者のケアや予防、担当医師や看護師へのケアについての助言を行います。褥瘡リンクナースを各部署に任命することで、褥瘡発生時は速やかにチームに相談できるよう体制を整えています。また褥瘡予防に関するケアの確立や皮膚ケアに関する看護師への教育も行っています。

栄養サポートチーム

低栄養の入院患者さんを抽出し、栄養改善について看護師や診療科に助言を行うチームです。栄養サポートリンクナースを各部署に任命し、低栄養の患者さんをモニタリングすることで、速やかに栄養サポートチームに相談し助言が受けられるようにしています。

人工呼吸器サポートチーム

安全に人工呼吸器が管理できているか、患者さんへの負担が最小限であるか、治療が効果的に行われているかなど急性・重症患者看護専門看護師が中心となって、呼吸器内科の医師とともにラウンドし、助言します。また、看護が人工呼吸器に対する知識が得られるよう、勉強会の開催や研修会の案内なども行います。

PAGE TOP