虎の門病院の新しい取り組み

このページを印刷

頭⽪冷却療法とは

乳がんに対する再発予防の治療として、化学療法が⾏われることがあります。
化学療法を⾏う場合には脱⽑はほぼ必ず発⽣し、 頭皮冷却を行わない場合は化学療法投与後2-3週間で髪がほぼ完全に抜け落ちることが一般的です。個⼈差がありますが、毛髪の脱⽑は化学療法を受ける患者さんが最も強く苦痛を感じる副作⽤であると報告されています。

頭⽪冷却療法は、キャップを⽤いて化学療法施⾏中の頭⽪を冷却し⾎流を低下させることで、⽑根に対する薬剤のダメージを減少し、脱⽑を抑制する方法です。平均的な効果として脱⽑量が50%ほどで留まり、発⽑までの期間が短縮されることが分かっています。

これらのことから、国内外のガイドラインに唯⼀、脱⽑に対する対策⽅法として「頭⽪冷却療法」が記載されており、国内では2019年3⽉に⽇本で厚⽣労働省に薬事承認され、保険外診療として全国の約50施設で導⼊されています。
頭⽪冷却療法に利⽤されるPaxmanCoolers社の医療機器は全世界の35か国以上で使⽤されており、3,500台以上設置されています。
この医療機器は延べ10万⼈以上の患者様に使⽤された実績がある医療機器です。

頭⽪冷却療法の効果

国内で⾏われた臨床試験の結果から、頭⽪冷却を⾏わない場合と⽐較して、頭⽪冷却を⾏う場合では脱⽑が軽度(⽬⽴たないレベル)から中等度(まだらに髪が残るレベル)に留まることが報告されています。 脱⽑の度合いは個⼈差があり、頭⽪冷却療法を使⽤しても脱⽑が進む⽅はいらっしゃいますが、脱⽑からの回復が早くなることは明らかです。⼀般的に、化学療法終了後1か⽉ほどで頭⽪全体に発⽑が認められる場合が多く、早い⽅は化学療法終了の段階でこの状態に⾄ることもあります。(Front Oncol. 2019. Kinoshita T , et al.)

⼀⽅、頭⽪冷却をしない場合、抗がん剤が終わった段階では完全に⽑髪が抜け落ちることが⼀般的です。 その場合、3カ⽉後にしてようやく頭⽪が⾒えない程度に発⽑することが多く、脱⽑後の回復に要する時間は⻑くかかることが分かっています。また3年たっても40%以上の患者が元の状態まで回復せず、薄毛、脱毛、白髪、くせ毛などの問題を抱えているとの報告もあります(The Oncologist 2019;24:414-420)。

頭⽪冷却療法のデメリットと注意点について

頭⽪冷却療法のデメリットとして、以下が挙げられます。

  • 頭⽪冷却による寒さや頭痛 (三叉神経痛)
  • キャップの装着による下顎の痛み
  • 吐き気
  • ゴム臭

このような副作用に対し、様々な対策をとって治療を行っていきますが、頭⽪冷却を中⽌することでこれらの症状を感じることなく化学療法を継続することが出来ます。
当院では、脱⽑に対して医療⾏為として出来る唯⼀の予防⾏為であること、何もしない場合の脱⽑は100%起こることから、患者さんのニーズに応えられるよう頭⽪冷却療法を導⼊することに⾄りました。
この治療のメリット・デメリットを含めて、頭皮冷却療法を行うことを選択肢として提示できることが重要であると考えています。これらをご理解いただき、利⽤いただけますようお願いします。

当院での適応

化学療法を受ける当院の乳癌患者さんで、周術期(術前・術後)化学療法であること、またこの治療のメリット・デメリットを理解している⽅が対象となります。(アピアランスケアガイドラインに準ずる)

通常、当院では外来通院で化学療法を⾏っており、頭⽪冷却療法も外来化学療法室で⾏われます。
なお、当院の適応の患者さんに制限なく選択肢として提案し続けるため、残念ですが、他院で治療されている⽅に対応はできておりません。

実際の治療の内容と流れ

1:化学療法室で問診・採⾎
2:採⾎結果確認、医師による診察と化学療法の実施確定
3:看護師・院内理容室スタッフによる頭⽪冷却の準備、治療前内服薬内服
4:頭⽪冷却開始
5:化学療法投薬開始
6:化学療法投薬終了
7:頭⽪冷却終了
8:院内理容室スタッフによるタオルドライ

頭⽪冷却療法にかかる費⽤

頭⽪冷却⽤キャップの購⼊費⽤(初回のみ):94,050円
頭⽪冷却装置の使⽤費⽤(1回):15,400円

*すべて税込価格となります。 *処置後に必要なヘアクリームは、ご⾃⾝でご⽤意をお願いいたします。

⼀連の療法の合計費⽤としては16万円〜36万円程度となります。
上記費⽤は、病院での診療費⽤⽀払いの際に費⽤をお⽀払いいただきます。 頭⽪冷却療法は保険外診療となり、全額⾃⼰負担となります。
(医療費控除・⾼額療養費制度の対象外)

お問い合わせ窓⼝

頭⽪冷却療法の適応についてのお問い合わせは、当院の「がん相談⽀援センター」へ、お気軽にご連絡ください。

がん相談⽀援センター

問い合わせ受付時間:⽉〜⾦ 9:00〜16:00

電話番号:03-3588-1171(直通)

PAGE TOP