臨床指標(クリニカル・インディケーター)

このページを印刷

臨床指標(クリニカル・インディケーター)

臨床指標(クリニカル・インディケーター)とは、診療の質を評価する指標のことです。指標を経時的に測定し、評価することで医療の質改善と向上につながると考えられています。当院は、2015年度より日本病院会のQIプロジェクトに参加し、以下の項目を臨床指標と定めています。
※個人情報保護のため、分子に該当する対象患者さんが10名未満の場合、表の分子・分母の患者数を”-(ハイフン)”表記としています。
※また、分母の対象患者さんが10名未満の指標につきましては、グラフの掲載も控えさせて頂きます。

  • 1.患者満足度

    指標の意義

    受けた治療の結果、入院期間、安全な治療に対する患者さんの満足度を見ることは、医療の質を計る上で直接的な評価となる指標のひとつです。

    外来患者満足度

     

      「満足」または「やや満足」と回答した外来患者数(分子) 患者満足度調査に回答した外来患者数(分母)
    2020年度 222 236
    2019年度 171 190
    2018年度 195 210
    2017年度 124 130
    2016年度 118 127

    入院患者満足度

      「満足」または「やや満足」と回答した外来患者数(分子) 患者満足度調査に回答した外来患者数(分母)
    2020年度 154 172
    2019年度 157 168
    2018年度 179 183
    2017年度 172 182
    2016年度 165 182
  • 2.死亡退院患者率

    指標の意義

    全退院患者のうち死亡退院された患者さんの割合です。医療施設の特徴や入院患者のプロフィールが異なるため、直接医療の質を計る数字ではありません。

      死亡退院患者数(分子) 退院患者数(分母)
    2020年度 122 4,522
    2019年度 151 4,912
    2018年度 117 4,673
    2017年度 144 4,674
    2016年度 149 4,721
  • 3.入院患者の転倒転落発生率

    指標の意義

    転倒転落の発生事例を分析し、適切な予防策を実施していくことが、転倒による傷害予防につながると考えられます。

    入院患者の転倒・転落発生率

      医療安全対策室へ報告された転倒・転落件数(分子) 入院延べ患者数(分母)
    2020年度 248 86,909
    2019年度 275 99,000
    2018年度 222 96,050
    2017年度 244 98,400
    2016年度 229 95,852
    【表1】損傷のレベル(日本病院会QIプロジェクトより)
    レベル 損傷 説明
    1 なし 患者に損傷はなかった
    2 軽度 包帯、氷、創傷洗浄、四肢の挙上、局所薬が必要となった、あざ・擦り傷を招いた
    3 中軽度 縫合、ステリー・皮膚接着剤、副子が必要となった、または筋肉・関節の挫傷を招いた
    4 重度 手術、ギプス、牽引、骨折を招いた・必要となった、または神経損傷・身体内部の損傷の診察が必要となった
    5 死亡 転倒による損傷の結果、患者が死亡した
    6 UTD 記録からは判定不可能 Unable to Determine from the documentation

    入院患者の転倒・転落発生率(レベル2~6)
    表1の損傷のレベル2~6に該当する患者さんが対象になります。

      医療安全対策室へ報告された転倒・転落件数(レベル2~6)(分子) 入院延べ患者数(分母)
    2020年度 22 86,909
    2019年度 30 99,000
    2018年度 14 96,050
    2017年度 12 98,400
    2016年度 20 95,852

    入院患者の転倒・転落発生率(レベル4~6)
    表1の損傷のレベル4~6に該当する患者さんが対象になります。

    ※2020年度のデータについて当初集計時の0%から0.001%に訂正いたします。
      医療安全対策室へ報告された転倒・転落件数(レベル4~6)(分子) 入院延べ患者数(分母)
    2020年度
    2019年度
    2018年度
    2017年度
    2016年度

    65歳以上の入院患者の転倒・転落発生率

      医療安全対策室へ報告された65歳以上の転倒・転落件数(分子) 65歳以上の入院延べ患者数(分母)
    2020年度 187 58,768
    2019年度 198 64,611
    2018年度
    2017年度
    2016年度
    解説

    病院内における転倒・転落事故を予防するため、多職種協働の転倒・転落対策チームを組織し病院全体で予防活動を推進しております。
    ご入院中、外来受診時には転倒予防の観点から様々なご協力を頂くことがございます。ご理解、ご協力の程、よろしくお願い致します。

  • 4.褥瘡発生率

    指標の意義

    褥瘡は、感染を引き起こすなど治癒が長期に及ぶことによって結果的に在院日数の長期化や医療費の増大につながるため、その予防対策は提供する医療の重要な項目のひとつとされています。

      分母対象者のうち褥瘡の院内新規発生件数 (分子) 入院患者延べ数-(同日入退院患者+褥瘡持込患者+調査月間以前の院内新規褥瘡発生患者)(分母)
    2020年度 19 78,337
    2019年度 26 94,932
    2018年度 28 91,914
    2017年度 48 94,953
    2016年度 49 93,478
    解説

    当院では医師・看護師から成る褥瘡予防対策チームが定期的に院内ラウンドを行い、褥瘡の治療や看護ケア等、個々の患者さんの状態に合わせた事例検討や予防対策を行っております。
    また、2018年度からは各病棟のリンクナースを主体に褥瘡予防ラウンドを開始し、看護師一人一人の知識と看護ケア技術の均衡化を図るよう努めております。
    今後も褥瘡予防に院内一丸となって取り組んでまいります。

  • 5.紹介率と逆紹介率

    紹介率

    指標の意義

    初診患者に対し、他の医療機関から紹介されて来院した患者さんの割合です。地域の医療機関との連携の度合いを示す指標です。
      紹介初診患者数(分子) 初診患者数-(休日・夜間以外の初診救急搬送患者数+休日・夜間の初診救急患者数) (分母)
    2020年度 2,104 3,694
    2019年度 2,059 3,172
    2018年度 2,072 3,351
    2017年度 1,958 3,388
    2016年度 1,953 3,221

    逆紹介率

    指標の意義

    初診患者に対し、他の医療機関へ紹介した患者さんの割合です。地域の医療機関との連携の度合いを示す指標です。当院から地域の医療機関へ紹介した場合と、治療のために当院を受診し、病状が安定してから紹介元へ逆紹介した例も含まれています。
      逆紹介患者数(分子) 初診患者数-(休日・夜間以外の初診救急搬送患者数+休日・夜間の初診救急患者数) (分母)
    2020年度 3,269 3,694
    2019年度 3,462 3,172
    2018年度 3,042 3,351
    2017年度 2,785 3,388
    2016年度 2,603 3,221
    解説

    紹介率・逆紹介率の数値は、地域の医療機関との連携の度合いを示す指標です。高度な医療を提供する医療機関にだけ患者が集中することを避け、症状が軽い場合は「かかりつけ医」を受診し、そこで高い機能が必要な病院を受診する必要があると判断された場合には、紹介受診をする。そして、治療を終え症状が落ち着いたら、「かかりつけ医」へ紹介し、治療の継続、または経過の観察をお願いします。これを地域全体として行うために、地域の医療連携を強化し、切れ間のない医療の提供を行います。

  • 6.尿道留置カテーテル使用率と症候性尿路感染症発生率

    尿道留置カテーテル使用率

    指標の意義

    どれくらいの患者さんに尿道留置カテーテルが使用されているかをみる指標です。

      尿道留置カテーテルが 挿入されている入院延べ患者数 (分子) 入院延べ患者数(分母)
    2020年度 - -
    2019年度 8,819 99,000
    2018年度 9,209 96,050
    2017年度 9,077 98,307
    2016年度 8,479 95,852

    症候性尿路感染症発生率

    指標の意義

    尿路感染症は医療関連感染の中でも最も多く約40%を占めます。その80%が尿道留置カテーテルによるものとされています。発生状況の把握は予防策を検討する第一歩となります。

      分母のうちカテーテル関連症候性感染症の定義に合致した延べ回数(分子) 入院患者における尿道留置カテーテル挿入延べ日数(分母)
    2020年度 - -
    2019年度 11 8,819
    2018年度 12 9,209
    2017年度 13 9,077
    2016年度
  • 7.救急車・ホットライン応需率

    指標の意義

    救急医療の機能を測る指標であり、救急車受け入れ要請のうち何台受け入れができたのかを表しています。
      救急車で来院した患者数 (分子) 救急車受け入れ要請件数 (分母)
    2020年度 314 376
    2019年度 314 375
    2018年度 318 390
    2017年度 280 361
    2016年度 242 334
  • 8.特定術式における予防的抗菌薬

    指標の意義

    手術後に、手術部位感染(Surgical Site Infection : SSI)が発生すると、入院期間が延長し、入院医療費が有意に増大します。SSI を予防する対策の一つとして、手術前後の抗菌薬投与があり、手術開始から終了後2~3 時間まで、血中および組織中の抗菌薬濃度を適切に保つことで、SSI を予防できる可能性が高くなります。このため手術執刀開始前の1時間以内に、適切な抗菌薬を静注することで、SSI を予防し、入院期間の延長や医療費の増大を抑えることができると考えられています。
    ※対象となる特定術式とは、冠動脈バイパス手術、そのほかの心臓手術、股関節人工骨頭置換術、股関節置換術、血管手術、大腸手術、子宮全摘除術を指します。
    ※2019年度から、予防的抗菌薬投与停止率のみ股関節人工骨頭置換術、股関節置換術、血管手術が除外となりました。除外となった術式の影響を受けるため、予防的抗菌薬投与停止率は新規の指標として掲載いたします。

    特定術式における手術開始前1時間以内の予防的抗菌薬投与率

      手術開始前1時間以内に予防的抗菌薬が投与開始された手術件数(分子) 特定術式の手術件数(分母)
    2020年度 141 141
    2019年度 140 141
    2018年度 131 131
    2017年度 134 134
    2016年度 81 82

    特定術式における術後24時間(心臓手術は48時間)以内の予防的抗菌薬投与停止率

      術後24時間以内(冠動脈バイパス手術またはそのほかの心臓手術の場合48時間以内)に予防的抗菌薬投与が停止された手術件数(分子) 特定術式の手術件数(分母)
    2020年度 72 77
    2019年度 75 76
    2018年度 - -
    2017年度 - -
    2016年度 - -

    特定術式における適切な予防的抗菌薬選択率

      術式ごとに適切な予防的抗菌薬が選択された手術件数 (分子) 特定術式の手術件数(分母)
    2020年度 141 141
    2019年度 141 141
    2018年度 131 131
    2017年度 134 134
    2016年度 82 82
  • 9.糖尿病患者の血糖コントロール

    指標の意義

    合併症を予防するためにはHbA1cを基準値未満に維持することが推奨されており、糖尿病診療の質を判断する指標の一つとなります。
    その上で、患者さんごとの状態に応じて目標値を変えることも重要です。

    糖尿病患者の血糖コントロール HbA1c(NGSP)<7.0%

      HbA1c(NGSP)の最終値が7.0%未満の外来患者数 (分子) 糖尿病の薬物治療を施行されている外来患者数 (分母)
    2020年度 1,480 3,436
    2019年度 1,346 3,439
    2018年度 1,579 3,370
    2017年度 1,344 3,370
    2016年度 1,392 3,309

    65歳以上の糖尿病患者の血糖コントロール HbA1c(NGSP)<8.0% ※調査期間の最終日に65歳以上

      65歳以上でHbA1c(NGSP)の最終値が8.0%未満の外来患者数(分子) 65歳以上で糖尿病の薬物治療を施行されている外来患者数(分母)
    2020年度 2,007 2,465
    2019年度 1,951 2,416
    2018年度
    2017年度
    2016年度
    解説

    HbA1cは糖尿病の治療目標として最も有用な指標です。糖尿病による血管合併症(とくに細小血管障害)の予防や悪化防止にはHbA1cを7%未満に維持することが良い目安となります。当院では患者さんおひとりおひとりの健康状態、年齢、低血糖の生じやすさなどを考慮して個々の方に適した目標を設定しています。重い低血糖症を生じる危険のある患者さん、認知症を合併されている患者さん、あるいは他の併存疾患のために健康に支障のある患者さんでは、病状に応じて目標とするHbA1cを7%以上に設定することがあります。また、重い肝臓病や貧血などの病気の方では、HbA1cが血糖値の状態を適切に反映しないことがあり注意が必要です。

  • 10.退院後30日以内の救急医療入院率

    指標の意義

    初回入院の治療が不十分でないか、回復が不完全な状態で早期退院を強いていないかをみる指標です。

      退院後30日以内の救急医療入院患者数(分子) 退院患者数(分母)
    2020年度 175 4,222
    2019年度 179 4,557
    2018年度
    2017年度
    2016年度
  • 11.急性心筋梗塞に関する指標

    急性心筋梗塞患者における入院当日アスピリン投与割合

    指標の意義

    急性心筋梗塞においては急性期におけるアスピリンおよびβ遮断薬の処方が推奨されています。
      分母のうち入院当日にアスピリンが投与された患者数(分子) 急性心筋梗塞で入院した患者数(分母)
    2020年度
    2019年度
    2018年度
    2017年度
    2016年度

    急性心筋梗塞患者における退院時抗血小板薬投与割合

    【指標の意義】

    心筋梗塞発症後の長期予後を改善する目的で、抗血小板薬、β遮断薬、ACE阻害薬あるいはアンギオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、スタチンなどの投与が推奨されています。

      退院時に抗血小板薬が投与された患者数 (分子) 急性心筋梗塞で入院した 患者数 (分母)
    2020年度
    2019年度
    2018年度
    2017年度
    2016年度

    急性心筋梗塞患者における退院時βブロッカー投与割合

      退院時にβブロッカーが投与された患者数 (分子) 急性心筋梗塞で入院した患者数 (分母)
    2020年度
    2019年度
    2018年度
    2017年度 対象患者なし 対象患者なし
    2016年度

    急性心筋梗塞患者における退院時スタチン投与割合

      退院時にスタチンが投与された患者数(分子) 急性心筋梗塞で入院した患者数 (分母)
    2020年度
    2019年度
    2018年度
    2017年度 対象患者なし 対象患者なし
    2016年度

    急性心筋梗塞患者における退院時のACE阻害剤もしくはアンギオテンシンⅡ受容体阻害剤の投与割合

      退院時にACE阻害薬もしくはアンギオテンシンII受容体阻害剤が投与された患者数(分子) 急性心筋梗塞で入院した患者数(分母)
    2020年度
    2019年度
    2018年度
    2017年度 対象患者なし 対象患者なし
    2016年度

    急性心筋梗塞患者におけるACE阻害剤もしくはアンギオテンシンⅡ受容体阻害剤の投与割合

      ACE阻害薬もしくはアンギオテンシンII受容体阻害剤が投与された患者数(分子) 急性心筋梗塞で入院した患者数(分母)
    2020年度
    2019年度
    2018年度
    2017年度
    2016年度

    急性心筋梗塞患者の病院到着後90分以内の初回PCI実施割合

    指標の意義

    急性心筋梗塞の治療には、発症後可能な限り早期に再灌流療法(閉塞した冠動脈の血流を再開させる治療)を行うことが、生命予後の改善に重要とされています。

      来院後90分以内に手技をうけた患者数(分子) 18歳以上の急性心筋梗塞でPCIを受けた患者数(分母)
    2020年度
    2019年度
    2018年度
    2017年度 対象患者なし 対象患者なし
    2016年度 対象患者なし 対象患者なし
  • 12.脳卒中に関する指標

    脳梗塞(一過性脳虚血発作も含む)の診断で入院し、入院2日目までに抗血栓療法もしくは抗凝固療法を受けた症例の割合

    指標の意義

    脳梗塞の治療に対して、入院第2病日までに、抗血栓療法(血栓症の発症を抑える治療)を開始することが勧められています。

      入院2日目までに 抗血小板療法を受けた患者数(分子) 18歳以上の脳梗塞か一過性脳虚血発作の診断で入院した患者数(分母)
    2020年度
    2019年度
    2018年度
    2017年度
    2016年度
    解説

    梗塞規模や血圧、過去の出血既往の有無、各種合併症の有無などにより、早期の抗血栓療法がむしろ危険な場合もあります。 症例ごとに、適切な投薬内容を選択しています。

    脳梗塞(一過性脳虚血発作も含む)の診断で入院し、退院時に抗血小板薬を処方された症例

    指標の意義

    非心原性脳梗塞(アテローム血栓性脳梗塞、ラクナ梗塞など)や非心原性一過性脳虚血発作では、再発予防のために、適応のある患者さんには抗血小板薬の投与が推奨されています。

      退院時に抗血小板薬を 処方された患者数 (分子) 18歳以上の脳梗塞か一過性脳虚血発作の診断で入院した患者数 (分母)
    2020年度 13 20
    2019年度
    2018年度
    2017年度
    2016年度
    解説

    適切な抗血小板剤使用による梗塞予防効果は、科学的にも証明されていますが、たとえば心原性塞栓症に対しては、抗血小板剤は無効なばかりか危険ですので、病型診断を適切に行い、内服薬の選択を行うようにしています。

    脳梗塞患者の退院時スタチン処方割合

    指標の意義

    脳梗塞再発予防には、抗血栓療法(血栓症の発症を抑える治療)とスタチンという薬剤を用いた脂質管理により脂質異常症のコントロールをすることが推奨されています。

      退院時にスタチンを処方された患者数(分子) 脳梗塞で入院した患者数(分母)
    2020年度
    2019年度
    2018年度
    2017年度
    2016年度
    解説

    高脂血症を有する例や、動脈硬化性変化の強い例では、スタチンの使用は有益とみられます。
    対象を選択し、適切な使用を心がけています。

    心房細動を合併する脳梗塞(一過性脳虚血発作を含む)診断で入院し、退院時に抗凝固薬を処方された症例

    指標の意義

    心原性脳梗塞での再発予防には、抗凝固薬の投与が推奨されています。
      退院時に抗凝固薬を処方された患者数(分子) 18歳以上の脳梗塞か一過性脳虚血発作の診断で入院し、かつ心房細動と診断を受けた入院患者数(分母)
    2020年度
    2019年度
    2018年度
    2017年度 対象患者なし 対象患者なし
    2016年度
    解説

    心房細動を合併する脳梗塞例において、抗凝固薬は再発防止に有用ですが、腎機能の悪い例では慎重投与あるいは禁忌である場合も多く、またご高齢で易転倒の方などでは、外傷に伴う出血助長のリスクなども無視できません。
    抗凝固薬の導入が可能な状況かどうか、全身的・総合的に判断して、処方を行うようにしています。

    脳梗塞における入院後早期リハビリ実施症例の割合

    指標の意義

    脳卒中の診断後、できるだけ早期にリハビリを開始することが機能の早期回復と低下抑制につながります。

      入院後3日以内に脳血管リハビリテーション治療を受けた患者数(分子) 18歳以上の脳梗塞の診断で入院した患者数(分母)
    2020年度 11 12
    2019年度
    2018年度
    2017年度
    2016年度
    解説

    川崎市北部地域においては、脳卒中センターを有する急性期病院が発症直後の脳卒中医療を提供し、脳卒中センターを有しない当院は回復期リハビリテーションを提供するという役割分担がなされています。急性期治療を受けた後回復期リハビリテーションが必要な患者さんを当院では多数受け入れています。当院に入院される脳卒中患者は急性期病院での治療期間により異なりますが、脳卒中発症後、平均して32.8日目(1~134、標準偏差18.51)に転入院となっております。回復期病棟に入院される患者さんには365日毎日休むことなく安全なリハビリを提供し,日常生活基本動作の自立と在宅復帰を目指しています。2020年4月~2021年3月に当院入院しリハビリテーション医療を受けた患者さんの在宅復帰率は86.8%となっております。

  • 13.喘息に関する指標

    喘息入院患者のうち吸入ステロイドを入院中に処方された割合(15歳以上)

    指標の意義

    慢性期の管理方法として吸入ステロイドは中心的な役割を果たしています。
      入院中に吸入ステロイド薬の処方を受けた患者数(分子) 喘息を原因とする15歳以上の入院患者数(分母)
    2020年度
    2019年度
    2018年度
    2017年度
    2016年度
    解説

    当院に呼吸器系疾患で入院される患者さんの多くは『肺炎・肺がん・慢性閉塞性肺疾患・睡眠時無呼吸症候群等』が主病名となり、『喘息』を主な治療対象として入院される方を抽出対象とする当該指標では、実際よりも抽出数は少なく表されます。
    また、ステロイドに関して、当院では症状に応じた適切な薬剤の使用を心がけています。

    喘息入院患者のうち吸入ステロイドを入院中に処方された割合(5歳から14歳)

      入院中にステロイドの全身投与(静注・経口処方)を受けた患者数(分子) 喘息を原因とする5歳~14歳の入院患者数(分母)
    2020年度 対象患者なし 対象患者なし
    2019年度 対象患者なし 対象患者なし
    2018年度 対象患者なし 対象患者なし
    2017年度 対象患者なし 対象患者なし
    2016年度 対象患者なし 対象患者なし

    小児喘息に対して入院中にステロイドの全身投与(静脈・経口)を受けた症例の割合

    指標の意義

    喘息発作の症状を素早く軽快し、重症度を下げるためにガイドラインで推奨されています。

      入院中にステロイドの全身投与(静注・経口処方)を受けた患者数(分子) 2歳から15歳の喘息患者のうち、喘息に関連した原因で入院した患者数(分母)
    2020年度 対象患者なし 対象患者なし
    2019年度 対象患者なし 対象患者なし
    2018年度 対象患者なし 対象患者なし
    2017年度 対象患者なし 対象患者なし
    2016年度 対象患者なし 対象患者なし
  • 14.統合指標

    指標の意義

    関連する指標群をまとめて評価し、統合的にケアプロセスの実施状況をみています。

    手術に関する統合指標

    指標の説明

    手術時の予防的抗菌薬投与状況に関する指標の総合評価です。

      分子の合計 分母の合計
    2020年度 354 359
    2019年度 356 358
    2018年度 334 393
    2017年度 338 402
    2016年度 206 246

    虚血性心疾患に関する統合指標

    指標の説明

    急性心筋梗塞に関する指標の総合評価です。
      分子の合計 分母の合計
    2020年度 18 26
    2019年度 15 24
    2018年度 19 33
    2017年度
    2016年度

    脳卒中に関する統合指標

    指標の説明

    脳卒中に関する指標の総合評価です。
      分子の合計 分母の合計
    2020年度 31 71
    2019年度 22 49
    2018年度
    2017年度 17 27
    2016年度 10 29
  • 15.インシデント・アクシデントに関する指標

    1か月間・100床当たりのインシデント・アクシデント発生件数

    指標の意義

    身体への侵襲を伴う医療行為は常にインシデント・アクシデントが発生する危険があります。その発生をできる限り防ぐことは医療安全の基本であり、そのためにはインシデント・アクシデントをきちんと報告することが必要です。

      毎月の入院患者におけるインシデント・アクシデント発生件数×100の平均 (分子) 許可病床数 (分母)
    2020年度 12,192 300
    2019年度 14,092 300
    2018年度 11,925 300
    2017年度
    2016年度

    全インシデント・アクシデント報告のうち、医師による報告の占める割合

    指標の意義

    一般に医師からの報告が少ないことが知られており、この値が高いことは医師の医療安全意識が高い組織の可能性があります。

      分母のうち医師が提出した総件数 (分子) 年度ごとの入院患者におけるインシデント・アクシデント報告の総件数 (分母)
    2020年度 49 1,498
    2019年度 51 1,779
    2018年度 51 1,601
    2017年度
    2016年度
    解説

    院内で発生した有害事象や、有害事象の発生には至らなかったニアミスは各職員が自発的に報告する体制を構築し、医療安全部がデータ収集・分析、対応しております。医療の質・安全性を高めるための取り組みを病院全体で推進します。

  • 16.職員におけるインフルエンザワクチン予防接種率

    指標の意義

    接種率が高い場合には、院内感染防止対策に積極的に取り組んでいると評価できます。

      インフルエンザワクチンを予防接種した職員数 (分子) 職員数 (分母)
    2020年度 581 581
    2019年度 597 597
    2018年度 521 521
    2017年度
    2016年度
  • 17.糖尿病・慢性腎臓病患者への栄養管理実施率

    指標の意義

    糖尿病や慢性腎臓病の患者は、食事も重要な治療の一つです。入院時に提供される食事には、通常食と治療のために減塩や低脂肪などに配慮した特別食があります。
    積極的に栄養管理の介入を行うことも、医療の質の向上につながります。

      特別食加算の算定回数 (分子) 18歳以上の糖尿病・慢性腎臓病患者で、それらへの治療が主目的ではない入院患者の食事回数 (分母)
    2020年度 55,892 65,021
    2019年度 56,033 69,212
    2018年度 21,466 27,308
    2017年度
    2016年度
    解説

    慢性腎臓病患者が比較的多いため、減塩食を中心とた治療食を多く提供しており、エネルギーや他の細かな制限にも対応し栄養管理を行っています。
    今後も積極的に個々の患者さんに応じた治療食提供での栄養介入を行っていきます。

  • 18.血液培養に関する指標

    指標の意義

    広域抗菌薬を使用する際、投与開始時に血液培養検査を行うことは、望ましいプラクティスとなります。
    また、血液培養は1 セットのみの場合の偽陽性による過剰治療を防ぐため、2 セット以上行うことが推奨されています。

    広域抗菌薬使用時の血液培養実施率

      投与開始初日に血液培養検査を実施した数 (分子) 広域抗菌薬投与を開始した入院患者数 (分母)
    2020年度 145 306
    2019年度 154 337
    2018年度 142 299
    2017年度
    2016年度

    血液培養実施時の2セット実施率

      血液培養オーダが1日に2件以上ある日数 (分子) 血液培養オーダ日数 (分母)
    2020年度 1,413 2,409
    2019年度 1,511 2,308
    2018年度 1,445 2,038
    2017年度
    2016年度
    解説

    広域抗菌薬開始時の血液培養の採取率、血液培養実施時の2セット採取率とも前年を下回っており、特に2セット採取率に関しては改善を目指しています。

  • 19.地域連携パスに関する指標

    指標の意義

    脳卒中と大腿骨頚部骨折は、治療が終了した後も継続的な医学管理とリハビリテーションが重要です。地域連携パスの使用率を見ることは、地域医療に関する医療体制を評価することにつながります。

    脳卒中患者に対する地域連携パスの使用率

      「地域連携診療計画加算」を算定した患者数 (分子) 脳卒中で入院した患者数 (分母)
    2020年度
    2019年度
    2018年度
    2017年度
    2016年度

    大腿骨頸部骨折患者に対する地域連携パスの使用率

      「地域連携診療計画加算」を算定した患者数 (分子) 大腿骨頸部骨折で入院し、大腿骨頸部の手術を受けた患者数 (分母)
    2020年度
    2019年度
    2018年度
    2017年度
    2016年度
  • 20.大腿骨頚部・転子部骨折の早期手術割合に関する指標

    指標の意義

    大腿骨頸部骨折や大腿骨転子部骨折は、ガイドラインではできる限り早期の手術を推奨されています。
    本指標では、各手術について、入院2 日以内に手術を受けた症例数として計測を行いました。

    大腿骨頸部骨折の早期手術割合

      入院2日以内に手術を受けた患者数(分子) 大腿骨頸部骨折で入院し、大腿骨折の手術を受けた患者数(分母)
    2020年度
    2019年度
    2018年度
    2017年度
    2016年度

    大腿骨転子部骨折の早期手術割合

      入院2日以内に手術を受けた患者数(分子) 大腿骨転子部骨折で入院し、大腿骨折の手術を受けた患者数(分母)
    2020年度
    2019年度
    2018年度
    2017年度
    2016年度
  • 21.化学療法に関する指標

    指標の意義

    良好な治療アドヒアランス(患者さんが積極的に治療方針の決定に参加し、治療を受けること)を得て化学療法を円滑に進めるために、催吐リスクに応じた予防的な制吐剤の使用は重要です。
    高度の抗がん薬による急性の悪心・嘔吐に対しては、NK1 受容体拮抗薬と5HT3 受容体拮抗薬およびデキサメタゾンを併用することが推奨されています。

    シスプラチンを含むがん薬物療法後の急性期予防的制吐剤投与率

      実施日前日または当日に、5HT3受容体拮抗薬、NK1受容体拮抗薬およびデキサメタゾンの3剤すべてを併用した数(分子) 18歳以上の患者で、入院にてシスプラチンを含む化学療法を受けた実施日数(分母)
    2020年度 28 58
    2019年度 21 33
    2018年度
    2017年度
    2016年度
  • 22.MRSAに関する指標

    指標の意義

    抗MRSA薬を使用する際は、血中濃度と副作用に注意することが重要とされています。
    本指標は、血中濃度を測定し、薬の投与量が適正に行われているかを確認する項目になります。

    抗MRSA薬投与に対する薬物血中濃度測定割合

      薬物血中濃度を測定された患者数(分子) TDMを行うべき抗MRSA薬を投与された患者数(分母)
    2020年度 94 94
    2019年度
    2018年度
    2017年度
    2016年度
    解説

    MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)による感染症は時に致命的となるため、抗MRSA薬による適切な治療が必要です。治療成功のカギとなるのは、抗MRSA薬の血中濃度を適正範囲に保つことですが、そのために必要な薬の量は患者さんの体格や腎臓の機能により異なります。
    抗MRSA薬による治療開始の際には、当院では患者さん1人1人に適した投与量を薬剤師が設計し、医師と協議の上で投薬プランを決定しています。このプランの評価に欠かせないのが薬物濃度の測定です。測定には採血が必要となりますが、患者さんにとって安全かつ有効な治療となるよう、医師・薬剤師・看護師・臨床検査技師が連携し、積極的に実施しています。

PAGE TOP