虎の門病院 地域がん診療連携拠点病院

地域がん診療連携拠点病院

当院は、厚生労働省より「がん診療連携拠点病院の整備について」(平成24年3月22日付け健発0322第5号厚生労働省健康局長通知)に基づき、平成24年4月1日より地域がん診療連携拠点病院として指定されました。

がん診療連携拠点病院は、がん医療に従事する医師等に対する研修、がん患者やその家族等に対する相談支援、がんに関する各種情報の収集・提供の事業を実施することにより、地域におけるがん診療連携の円滑な実施を図るとともに、質の高いがん医療の提供体制を確立することを目的としております。

当院では既にがん診療でめざましい実績を挙げている診療科も少なくありませんが、緩和ケア、各種の講習会、地域連携パスなど、地域や診療所との連携も含めた総合的ながん診療体制を確立しました。総合病院である虎の門病院はがんゲノム医療やAYA世代にあるがん患者への治療・支援にも取り組み、集学的がん診療を目指して前進していきます。

PAGE TOP